2015年12月23日

本年の勉強会・フィールドワークなどの活動報告

「日本共感覚研究会」は、2015年7月末より「岩崎純一の個人交流会・勉強会」の一つとして機能しているため、サイトのアドレスも以下の通り変更となっております。

◆日本共感覚研究会
http://iwasakijunichi.net/jssg/




 本年のサイト関連活動のうち、オフ活動を中心に、以下にまとめましたので、ご参照いただければ幸いです。


【交流会・勉強会全般】

 本年も、回数は少ないながら、勉強会・オフ会を開催しました。ご参加者の皆様には、心より御礼申し上げます。

個人交流会・勉強会 主催の私は、時間的制約はそれほどない一年でしたが、仕事その他に心理的に忙殺されて、なかなか共感覚その他のサイト本来の内容に集中できず、回数は少なくなってしまいました。

 そもそもサイトの内容(共感覚研究、文芸、言語体系考案、新しい人的交流・コミュニティの建設など)そのものを仕事とし、学術的知見の蓄積に邁進できるような状況を構築できれば理想なのですが。

 私のリーダーシップ不足もあり、皆様にはご迷惑をおかけいたしているところです。


【知覚・共感覚関連】

 本年の初頭に、「共感覚記憶データベース」として、新たな共感覚の例を多く掲載しました。これ自体は、楽しいものでした。

岩崎純一の共感覚データベース 文理系双方の研究者からのアプローチは本年もあり、私の共感覚や脳神経系のはたらき、他の霊長類の見ている世界との類似を研究したいとのご要望もございました。

 ただ、やはり共感覚研究の予算を有利にとるための学会などの短期決戦が求められる状況では、このような私の共感覚や膨大なデータベースの研究は、時間がかかってどうしようもないようです。いわく、「岩崎さんの共感覚学術体系が哲学的・芸術的なものとして完成しすぎていて、学者の私たちが手を出せない」上、「何らかの共感覚事業に生かせるようなものとは考えられない」とのことで、残念ながら本年は神経科学系の学者・研究者の意向には合致しませんでした。
(この「共感覚事業」とは、下方の「共感覚イノベーション」関連の話にも関係します。)

 一方で、日本大学藝術学部にゲスト講師として呼ばれ、宮沢賢治や尾崎翠などの日本近代文学における共感覚表現から始まって、共感覚者としての人生全般や哲学について、お話してきました。大変に心地よいものでした。

 また、大学院生・大学生・高校生・中学生・小学生から私の共感覚を学習発表や卒論のテーマに選びたいとのご要望もありました。未成年の場合、学校の先生を通じて書簡で依頼状をいただくこともございました。

 こちらにも全面的に協力はいたしましたし、子供との交流は楽しかったですが、礼儀・コミュニケーション・社会通念上のやりとりという点については、少なからず不満の残る一年でした。

 例えば、中学生・小学生に対して私の共感覚データをPDF添付や画像ファイルのいずれで送信すれば学校の設備・端末や彼らの学習上の都合に合致するかを、担当教員に伺っても、返信がなかったり雑な返答しかないなど、大変に困ったものでした。担当教員には、私と同世代の方々も多いですね。もっとしっかりしていただきたいと、じれったく思いました。

 一方で、「自分も共感覚を公表したいが、岩崎さんは共感覚の公表が親類・職場・友人・知人に知られたときに失う社会的リスクの危険性とどう向き合っているのか」といった悩み相談も、受験生・新卒生などから受けました。こればかりは、毎年のように相談を受けます。

日本共感覚研究会トップ さらに本年は、昨今の危険ドラッグの流行と共感覚との結びつけに悩まされる一年でもありました。

 元々、LSDの服用が共感覚をもたらすなどの知見は知られていますが、日本の危険ドラッグ使用者らが身勝手に、こういった知見から共感覚に興味を示し、私にアプローチしたものと思われます。こういった状況に鑑み、共感覚と覚醒剤・麻薬・危険ドラッグとの関係をクローズアップする目的も兼ねて、これまた私自身が日本共感覚研究会を立ち上げました。

●日本共感覚研究会の調査報告書
http://iwasakijunichi.net/jssg/hokokusho.html

●麻薬・覚醒剤・危険ドラッグ・指定薬物等による共感覚の出現の知見の有無と当該薬物の国際条約及び世界各国・日本国の法令等における扱いとの対応表
http://iwasakijunichi.net/jssg/hokokusho/hokokusho4.pdf

 違法性がある場合、私は容赦なく警察や自治体に通告し、日本の自称共感覚者たちをもどんどん捜査すべきだと勧めています。しかし一方で、良くも悪くも、強烈な共感覚をもたらす成分の詳細までもが、危険ドラッグ使用者の「おかげで」分かってきてしまいました。あくまでも学術的知見として学術目的において、研究会サイトの報告書をご覧下さい。

 それに、「共感覚イノベーション」などの言葉が政府機関や政府系特殊法人の事業計画などで流行していまして、一体それが何なのか、どれほど国費や税金を無駄使いすることになるかを追求するため、以下のような研究も始めました。

●産学官民による「共感覚・知覚・感性」関連事業の2020年東京オリンピック・パラリンピック利権化に対する注視
http://iwasakijunichi.net/jssg/hokokusho/hokokusho6.pdf

 ただし、ここまで書いておきながら言ってしまいますが、私は、日本の共感覚研究は、悲観的な意味で社会的にも時代的にもほぼ終わっているものと考えています。今後の日本で、私利私欲を我慢して本気で取り組む人物が出ない限り、後世に残るような深遠な内容を持った知覚・共感覚研究の知見など出ないと思っています。

 学者・研究者や大学の動向を見る機会は極めて多い方ですが、興味深いことに、共感覚研究でも、共感覚が金になることが確証されないと、共感覚関連の研究室に設備を導入することができないわけです。逆に言えば、共感覚が「共感覚事業」として金になるかのように、上手に国や自治体、大学の運営陣にアピールできている学者・研究者にばかり、優先的に予算が投入されています。悲しいことだと私は思います。

 日本共感覚協会のサイトも閉じられました。


【超音波知覚者コミュニティ東京】

超音波知覚者コミュニティ東京 これも知覚関連コンテンツの一つと言えますが、本年は特に大きな成果がありました。「東京タヌキ探検隊!・東京コウモリ探検隊!」の宮本拓海隊長との共同研究・フィールドワークの実施、およびその報告書については、以下に示した通りです。

●「バットディテクター(コウモリ探知機)を用いた池袋・丸の内地区の超音波装置の設置箇所などの探索・特定および岩崎純一代表の超音波知覚の検証のためのフィールドワーク」
http://iwasaki-j.sblo.jp/article/165547993.html

●ニコニコ学会βの動画が公開(超音波知覚者コミュニティ東京への東京コウモリ探検隊! 宮本拓海隊長のご協力)
http://iwasaki-j.sblo.jp/article/170411436.html

 この報告書については、来年、知覚・共感覚関連でお世話になっている東京大学の音声学・物理学などの諸先生方などにお配りして、予算と学生の投入を促すか、それとも宮本氏のように在野の非専門家としてのシチズン・サイエンス(オープン・サイエンス)の矜持を保ち、このまま私的学術サークルとして進んでいくか、検討する年となるでしょう。

 本年は、丸の内地区に加えて、池袋地区にも、多数の超音波発生機器を発見し、以下のブログ記事を書くに至りました。西武池袋本店のネズミ防除装置の発見から始まった同地区の研究は、セゾン・そごう・西武・西友グループ系列の店舗全体へと広がっています。装置の設置は、各テナントではなく、企業方針であることが分かってきました。

 本店・支店級の代表電話やインフォメーションセンターの窓口の女性の皆様に、装置の設置が企業方針であるかどうかを尋ねてきましたが、超音波知覚への関心どころか、自社の設備についての物理学上の知識を持って応対しているはずがありません。

 ただし、お一人だけから「はい、設置しております・・・。私にも超音波が聞こえてます・・・」との回答を得ました。超音波装置の設置が西武系列企業の方針であるとの完全な確証をとるのは、来年になりそうです。

●超音波発生装置のもう一つの牙城 〜池袋の西武・LIBRO・PARCO・西武池袋駅構内〜
http://iwasaki-j.sblo.jp/article/154668379.html


【言語学・言語体系考案関連】

岩崎式日本語ペディア 岩崎式日本語については、以下の「岩崎式日本語ペディア」を立ち上げ、使用者の多くを占める性被害者施設やDVシェルターの皆様による編集協力を可能にしました。

 岩崎式日本語を中心とする一大文芸体系の創作も、今後いっそう期待できるかと思います。


【精神病理学・精神疾患研究】

 これについては、本年も勉強会メンバーを中心に、各種精神疾患罹患者との交流を深めてきました。解離性障害、PTSD、強迫性障害、不安障害、統合失調症、発達障害、性被害を抱える方々など。

 人生なんてたかが80年ですので、生きている間になるべく多くのタイプの人々の存在を知りたいと思うばかりです。街を歩いたり仕事をしているだけでは、街や仕事に出られるタイプ(一種類)の人たちにしか出会えません。その面白みのなさを超えるのが、私のサイトの最大目的の一つです。

 ところで、昨年と今年は、アメリカ精神医学会がDSM5を発表したことで、世界的な精神疾患の枠組みが変わる過渡期なのです。「アスペルガー症候群」がなくなったり、「障害」が「症」になったり、「症」が「障害」になったりしています。ややこしいものです。

●精神病理学・精神疾患研究
http://iwasakijunichi.net/seishin/


【和歌関連】

 和歌関連については、旧余情会のメンバーが全国てんでばらばらの小規模神社の巫女になったりご結婚されるなどして、私なんかと和歌を嗜んでいる場合ではなくなり、お上品なネット歌会は雲散霧消しつつある状態です。

 私自身の和歌集については、生涯を通じて編纂していく予定ですし、人生のある時期には滞ることがあっても、やめることはないでしょう。

 あるいは、言語・言葉関連の活動は、丸ごと岩崎式日本語・岩崎式言語体系の活動に引っくるめることも考えないといけないのかもしれません。

●和歌・古典
http://iwasakijunichi.net/waka/

●『旧派歌道・歌学の流派・家元・団体の総覧』
http://iwasakijunichi.net/ronbun_ippan/kado.htm

●『新純星余情和歌集』(しんじゆんせいよせいわかしふ)及びその全解釈
http://iwasakijunichi.net/ronbun_ippan/shin_junsei_yosei_wakashu_hyoshi.htm
posted by 岩崎純一 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・挨拶事項
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170439503

この記事へのトラックバック