2016年04月30日

非公開シェルター型女性シェアハウスとのコンテンツ連携について

 女性に特有の精神・身体症状や共感覚、その他の特殊知覚様態について私(岩崎純一)にご相談下さっている(ご相談を検討されている)女性の方々向けの解説を、以下のページに書きました。

 特に、女性から私の元にご相談をお寄せいただいている精神・身体症状のうち、社会通念上、男性である私のサイトで扱うよりは、女性の皆様自身が解説を担当したほうが望ましい内容について、内訳を書いていますので、ご参照いただければ幸いです。

 現在、該当する症状の解説は、主に「(続)岩崎純一さんに会いたい会」、「岩崎純一さんのお話を聴く会」、「岩崎純一さんとの合同勉強会」のメンバーが住む女性寮(精神障害、DV・性被害、共感覚などを抱える女性による非公開シェルター型シェアハウス)の女性スタッフや入居女性にお任せしております。

「シェアハウス型女性寮との連携、および入居女性による特殊症状・知覚の解説の分担について」
http://iwasakijunichi.net/confidential.html

 私自身、自分にまつわるこういった名称のサークルが周囲で作られることについて、嬉しいながらも、いつも色々と複雑な思いはあります。人間の感覚・知覚・認識・思考・社会・歴史全般をまじめに哲学する、という私自身の原点を忘れないためにも、こうしてかなり堅苦しい断り書きをサイト上に載せることがありますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

 共同体や理想郷といった概念について、上記の私にまつわるサークルと関連付けて、別のブログ記事も書いておきました。

http://iwasaki-ningengaku.sblo.jp/article/175083130.html
posted by 岩崎純一 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・挨拶事項
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175104249

この記事へのトラックバック