2013年12月26日

アクセス解析データ書庫を公開

アクセス解析データ例1 以下のページに、ご訪問者の検索クエリ(ご訪問者が岩崎純一のウェブサイト・ブログ到達時に検索サイトで入力していたキーワード・語句)をはじめとする、アクセス解析データを公開しました。

 メインサイトに設けてあるサイト内検索での検索キーワード・語句は、メインサイト到達時に検索サイトで入力していたキーワード・語句と統合しています。このほか、アクセス数、ページビュー数、訪問者数、デバイス・OS・ブラウザ別の訪問率や行動なども見ることができます。

http://iwasakijunichi.net/analysis/
(個人情報は含まれておりません。)

法令に基づく表示
http://iwasakijunichi.net/law.html

アクセス解析データ例2 公開することで、それぞれのご訪問者様が、他のご訪問者様が私のサイト内でどのページを多くご覧になったか、私のサイトにどのような検索キーワード・語句(専門的には「検索クエリ」と言うことが適切です)でご訪問下さったかなどを参照することができ、目的の記事やコンテンツまでの到達が早くなり、サイト内で長時間迷うことも少なくなる、ということを狙いとしています。

 閲覧数の多いページはサイト内の人気ページですし、検索語句はその語句を含んだりテーマとしたりしているページがサイト内に存在することを表します。

 公開前は、我が子が共感覚を持っているらしいとおっしゃる親御様が、私のサイト内で迷いに迷って、目的の記事に到達した頃には疲れ果てていたというようなケースも多くありましたが、そのようなケースも少しずつ減ってきたと感じています。閲覧行動は閲覧者の責任と言えばそうかもしれませんが、このようなケースについてサイト管理者側でできる対策の一つが、アクセス解析の公表かと思います。

 また、私自身が、ご訪問下さっている皆様のご興味(検索語句)や流行の検索トピックを知ったり、自分の解析・プログラミング技術を磨いたり、複数のアクセス解析プログラムの精度をチェックしたりする目的も兼ねています。

 しばしば、「頻繁にサイトを訪問しているのを知られているなんて恥ずかしい」、「閲覧者のウラ側の情報が知られるのは嫌だ」と言う人がいらっしゃいますが、そもそもサイト閲覧(インターネット全般)の仕組みというのはそういうもの(閲覧者のIPアドレス、ホスト名、ブラウザ、OS、端末の種類、検索語句などの情報はサイトを見た時点で分かるもの)で、オモテ側の情報を公開しているにすぎません。

 また、運営者が特定できるのは閲覧者のIPアドレス・ホスト名などまでで、プロバイダでもない限り、直接的に個人を特定することはできません。そもそも、普通に健全なサイトを運営している人であるなら、アクセス解析をする上での目的や関心の対象は先に述べたようなことであるはずですし、自分のサイト閲覧行動を気に病む必要は全くありません。もちろん、それ以外の行動(怪しいサイトでの個人情報の入力など)は別です。

 それにしても、検索語句は、見ていて純粋に「面白い、楽しい」ですし、良くも悪くも人間の本心が見えるのは確かだと思います。そこに表れているのは、「人間が本当に興味のあること」です。これは、ネット社会において色々な意味で重要だと考えています。

 今のところは、既存の解析プログラムと私自身の独自解析の両方の方法で解析しています。Google Analyticsは検索語句が不正確または不明であるケースが多く、Webalizerは訪問者数・ページビュー数が不正確であるケースが多いなど、解析プログラムによって得意分野が異なっています。

 なお、アクセス解析の技術的なこと、解析方法については、以下の第三ブログのほうに書きましたので、ご興味のある方はご覧下さい。

当サイト・ブログのアクセス解析の方法
http://iwasaki-j-ict.sblo.jp/article/83133482.html
posted by 岩崎純一 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・挨拶事項
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83132560

この記事へのトラックバック