2016年05月01日

著作権・著作者人格権侵害問題の記録と考察

 最近、知的財産権(著作権、肖像権)や著作者人格権について改めて考えさせられる案件に三つほど遭遇しました。
 権利侵害者への警告というよりは、著作物や肖像、人格なる概念をめぐる人間の意識や行動の不思議さ・面白さの記録・考察として、今回の記事を書いておきたいと思います。
 私は常々、人間がこのような行動をとるのは、人間の深層意識にある「自己愛」や「羨望」のためではなかろうかと考えています。それらによって発生する法的事態を「著作権法違反」などと呼称しているだけであって、私も含めて誰でも起こしうる事態だと思います。
 私は、こういった問題にはかなり(自分にも他人にも)シビアで、サイトで使っている画像の一枚たりとも権利侵害がないように注意しています。
 従って、今後とも権利侵害者には指摘を続けていきますが、権利侵害者を責め立てることではなく、自分自身が人間心理を勉強することを主眼に置いていきたいと思います。


■案件1

◆概要
 最近、私を含む数名(私以外は大学教授で、共感覚を研究)が、共感覚について、ある雑誌の取材を受けたが、うち一名の教授の公式サイト(大学のサーバー)の隠しページに、該当する全ページが複製され、一週間に渡りアップロードされていた。ただし、パスワード無しでの掲載で、不特定多数の人間が閲覧可能であった。(だからこそ、私もすぐに発見できた。)
 この雑誌は週刊誌であり、アップロード期間は次号発売までの期間に該当する。私の顔写真も掲載されていた。

◆法的観点
 ありとあらゆる知的財産権(著作権、肖像権)や著作者人格権、パブリシティ権に違反していることになる。
 まずは無論、雑誌社の出版権(著作権の一つ)やライターの著作権に対する侵害になる。また、私の顔写真の部分については、私の肖像権と写真の撮影者の著作権の両方に対する侵害になる。イラスト部分についてはイラストレーターの著作権に対する侵害になる。
 いずれの点を見ても、「引用」や「私的使用」の範囲を大きく逸脱する行為である。

◆親告と対応の結果
 上記の旨を雑誌社の担当者に報告したところ、雑誌社が当該大学教授に削除を要請し、削除がなされた。担当教授の主張では、学生が自身(教授)のサイトにアップロードしたものであり、学生には「すぐに削除するように」と指導したが、削除されておらず、自身は削除されていない事実を知らなかったとしている。

◆考えうる最悪の結果
 権利侵害者側は、結果的にその雑誌の発売週の売り上げ(雑誌に関わる権利保持者の生活)や被掲載者の複数の権利に損害を与えていることになり、そのことが証明されれば、一度に損害賠償を請求されるおそれがある。
 また、アップロードの経緯から、責任の所在が不明確・煩雑になるおそれがある。


■案件2

◆概要
 以下の知覚・共感覚関連の各ページに掲載している私の共感覚の画像が、ある共感覚セラピストらによって盗用・転載され、「寝たきりの親の面倒を頑張る女性が抱える、稀有な共感覚」や「寝たきりの親がかつて持っていた共感覚の、娘による報告」として掲載され、私とは無関係の実話・美談として創作されていた。
(当該女性たちがつらい境遇の中で苦労して身につけた共感覚や、寝たきりの人が有していた共感覚などとされているものが、全く無関係な私の共感覚であり、かつその共感覚の画像が私のサイトからの盗用であって、その女性たちの著作物であると虚偽の説明を付記されているもの。)
http://iwasakijunichi.net/synaesthesia/

◆法的観点
 著作権法違反であることは明白だが、それ以外に著作者人格権(名誉声望保持権、同一性保持権、氏名表示権)に対する重大な侵害となっている。私が以下のページに記載しているクリエイティブ・コモンズ・ライセンスをも無視している。
http://iwasakijunichi.net/law.html

◆親告と対応の結果
 著作者が著作権を有する著作物を著作者の名誉声望を害する方法で盗用する行為は、著作権および著作者人格権を侵害する行為と見なされることが著作権法において明確に規定されている旨を、当該セラピストらに示した上で、画像および創作ストーリーの削除を要請したが、当該セラピストは応じず。
 後日、当該セラピストらに同様の手法で共感覚画像を盗用され共感覚美談を捏造されていた他の共感覚者(当該セラピストらが主催するセラピーへの参加者であった)も、「自分たちがそのような画像を制作した事実はない」と報告しているが、当該セラピストらの対応はほとんどない。

◆考えうる最悪の結果
 権利侵害者は、当該女性や私の名誉声望に損害を与えており、そのことが証明されれば、一度に損害賠償を請求されるおそれがある。


■案件3

◆概要
 以下の知覚・共感覚関連の各ページに掲載している私の共感覚の画像が、ある作曲家(同人サークル)によって盗用・転載され、同人物の音楽関連の「研究論文」としての公表画像や他の著作物(有料)の「おまけ」として付けられていた。
http://iwasakijunichi.net/synaesthesia/

◆法的観点
 著作権法違反。侵害者が得た利益が直接的に私の共感覚画像の盗用によって発生したものかが焦点となると考えられる。私が以下のページに記載しているクリエイティブ・コモンズ・ライセンスをも無視している。
http://iwasakijunichi.net/law.html

◆親告と対応の結果
 上記の旨を作曲家に報告の上、画像の削除、および、画像の使用履歴とそれに伴う利益の額・内訳の開示を要求。また、当該画像が私の著作物である旨のサイトのトップページへの掲載を要求。最終的に、画像と発生した利益との直接の因果関係はほとんどないと判断。謝罪もあったため、これ以上の問題視はしないこととした。

◆考えうる最悪の結果
 私人どうしの著作権トラブルとしては、これより問題が大きくなる可能性は小さいと思われるが、権利を侵害された著作者がまじめに法的手段に出た場合は、逆に問題を大きくしようと思えばいくらでも大きくできてしまう。
posted by 岩崎純一 at 16:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会論・人生論

2016年04月30日

非公開シェルター型女性シェアハウスとのコンテンツ連携について

 女性に特有の精神・身体症状や共感覚、その他の特殊知覚様態について私(岩崎純一)にご相談下さっている(ご相談を検討されている)女性の方々向けの解説を、以下のページに書きました。

 特に、女性から私の元にご相談をお寄せいただいている精神・身体症状のうち、社会通念上、男性である私のサイトで扱うよりは、女性の皆様自身が解説を担当したほうが望ましい内容について、内訳を書いていますので、ご参照いただければ幸いです。

 現在、該当する症状の解説は、主に「(続)岩崎純一さんに会いたい会」、「岩崎純一さんのお話を聴く会」、「岩崎純一さんとの合同勉強会」のメンバーが住む女性寮(精神障害、DV・性被害、共感覚などを抱える女性による非公開シェルター型シェアハウス)の女性スタッフや入居女性にお任せしております。

「シェアハウス型女性寮との連携、および入居女性による特殊症状・知覚の解説の分担について」
http://iwasakijunichi.net/women.html

 私自身、自分にまつわるこういった名称のサークルが周囲で作られることについて、嬉しいながらも、いつも色々と複雑な思いはあります。人間の感覚・知覚・認識・思考・社会・歴史全般をまじめに哲学する、という私自身の原点を忘れないためにも、こうしてかなり堅苦しい断り書きをサイト上に載せることがありますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

 共同体や理想郷といった概念について、上記の私にまつわるサークルと関連付けて、別のブログ記事も書いておきました。

http://iwasaki-ningengaku.sblo.jp/article/175083130.html
posted by 岩崎純一 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・挨拶事項

2016年04月16日

産業技術総合研究所(AIST)を訪問(超音波知覚研究)

超音波知覚者コミュニティ東京 4月4日、超音波知覚者コミュニティ東京の活動の一環として、つくばの産業技術総合研究所(AIST)を訪問しました。超音波暴露問題に詳しい蘆原郁先生にお会いするためです。

産業技術総合研究所(AIST)
http://www.aist.go.jp/

 蘆原先生は、現在は超音波暴露の研究はされていないとのことでしたが、私の活動紹介や調査報告を行い、何らかのご協力をお願いしたところ、多くの情報を下さり、個人研究者・小規模市民サークルとしてはかなり助かった次第です。

 実は今回は、知人である東大大学院の峯松信明教授(音声学者)に、研究機関主導による私の超音波知覚の検証実験の実施の可能性について相談したところ(下方に相談時のメール本文を転載)、音響学会において峯松先生が別の先生に相談して下さり、その先生が蘆原先生をご紹介下さったため、峯松先生と共に産総研を訪問したというわけです。

 これまで私は、政府機関(消費者庁、公正取引委員会)、自治体(消費者センター窓口など)、日本音響学会、超音波装置メーカー、装置を大量に設置している商業施設(西武など。ブログ記事でも経緯を随時執筆・更新中)を中心にはたらきかけてきましたが、どの組織からもそれぞれに奥歯に物が挟まったような回答が得られてきたため、今回は手法を変えて、ピンポイントで音声学者・超音波研究者に検証実験の実施のお願いに上がりました。

 私から峯松先生や蘆原先生にお伝えしたことは、主に以下のようなものです。

●超音波騒音は、薄々多くの音響関係研究者が気づいていながら、「超音波装置および超音波発生の事実の検証」がただちに「騒音・不快感の検証」とはならないために、研究と対応が遅れがちになっているが、ある程度は仕方ないと考えている。

●消費者庁や公正取引委員会も何となく問題に気づいており、超音波装置メーカーに処分を下した例があるが、これは「超音波で蚊を駆除できる」などという虚偽の宣伝広告をして商品を流通させた景品表示法違反としての処分であって、「不快を感じる一部の国民への配慮」を奨励するための処分ではない。無論、政府は現在のところ、このような処分しかできない。

●一応、超音波・知覚過敏の主婦やOL、子供などが参加できる市民サークルという形をとって活動しているが、超音波を電波と言ったり霊の声だと言ったりするなどの「参加者どうしの学識上の落差」の問題が後を絶たず、私自身は個人研究者としても超音波暴露問題を研究したく、学的根拠を明確にするためにも、学者・専門家に私の超音波知覚の実証実験をお願いしたい。

◆東京都内 超音波機器設置スポット報告マップ◆


 今回、蘆原先生より得られた主な収穫は、以下のようなものです。

●超音波装置の設置スポットの報告マップを作成するなどの活動をしている個人研究者と市民サークルの存在は、初めて知った。

●ネズミ駆除装置などの高周波・超音波が聞こえる人間が存在するとの知見はすでに得られており、論文報告も出ているが、一般的に非可聴音域とされているそれらの音域については、マイクの校正技術などの基準や指針が乏しく、研究は進んでいない。

●超音波騒音(超音波知覚者の不快感の存在)の可能性は、2006年から2010年に音響学会内の超音波暴露についての研究会で議論されたが、「問題なし」との結論が出て、研究会は閉じられた。

●超音波装置メーカーにとっては、訴訟問題になることが最も怖いはずであるから、超音波騒音の実態を市民レベルで調査・報告することには意義があるだろう。

 これらを今までの私の研究と考え合わせると、以下のようなことが言えそうです。

●音響学会やその中の各研究委員会(超音波研究委員会、騒音・振動研究委員会、聴覚研究委員会など)に私がはたらきかけても反応が悪かったのは、「問題なし」との前述の結論が出た直後のはたらきかけであったためである可能性が高い。

●ここ五年ほどで超音波装置の設置が急増し、私(超音波知覚者コミュニティ東京)がマップを作成せざるを得ないほどの設置件数となっているのは、消費者庁や公正取引委員会が一部の超音波装置メーカーを景品表示法違反として処分しただけで終わった直後であったことに加え(ほとんどのメーカーはお咎めなし)、音響学会が超音波装置メーカーを咎める結論を回避したことをメーカー側が観察しており、強大な音圧・音量を発する装置の製造と販路拡大の好機と見たためであることが窺える。

 最初の依頼時に峯松先生に送ったメールを転載しておきます。

峯松信明先生

 平素は大変お世話になっております。
 岩崎純一です。

(中略)

 今回の相談内容ですが、街や建造物内に設置されたり、自動車に搭載されている(ここ数年で設置・搭載が急増している)超音波発生装置についてです。

 私は以前より、以下のように、Googleマップを使用して、自分の聴覚や共感覚で超音波が聞こえる(知覚できる)場所をマップ上に記録しておりました。超音波によるネズミ・ゴキブリ・ネコ・蚊の駆除効果をうたう装置など、種々の超音波装置の存在そのものは知っておりましたので、これら超音波が知覚できた場所に装置があることは予想できていましたが、基本的に目視できない場所(死角や屋根裏)に設置されており、詳細は不明のまま記載を続けておりました。

●都内超音波スポット報告マップ
https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=z2NTIa6LhqN0.kLQLwMQh3G0w

 また、数名の聴覚が鋭敏な方や共感覚者と一緒に、「超音波知覚者コミュニティ東京」というサークルを立ち上げ、超音波ポイントの報告とマップ作成にご協力いただいてきました。

●超音波知覚者コミュニティ東京のサイト(私のサイト内)
http://iwasakijunichi.net/choonpa/

 聴覚の場合、「普通は、高音域、とりわけ20Hz以上の高音域について、年齢とともに聴力が衰えるが、私の耳(と脳)はこの音域が聴こえる聴力・聴神経を今も持っている」と説明できますが、共感覚の場合、「あの超音波は青紫色に聞こえる」といった、相変わらず魔術的な文学表現に聞こえるような記述になってしまいます。

 そこで、本当に「私が超音波を知覚でき、記録したポイント(の死角や屋根裏)」に装置が設置されているかを、以前よりこの超音波知覚を共に議論していた、コウモリなどの動物が発する超音波の研究者(つまり、バットディテクターなどの超音波観測機器を所有)の宮本拓海氏に依頼し、一緒に都内のポイントをめぐるフィールドワークを実施しました。そうしたところ、ほぼ9割9分の場所で、超音波が観測されました。

(統合失調症などの幻聴や、いわゆる耳鳴りであるならば、当然超音波が観測されないので、精神疾患や「気のせい」との区別が付けられる意味もあります。)

 以下が、その計画書と報告書です。

 これによって、メインの超音波発生源である動物駆除装置の設置場所や設置の仕方の特徴、超音波発生の時間帯などの詳細が判明したほか、超音波式パーキングメーター、超音波式車両感知器、超音波式自動車制御装置(クリアランスソナー、障害物検知器)などが私に聞こえている(知覚されている)といったことも分かりました。また、同じネズミ駆除装置でも、シー・アイ・シー社製かイカリ消毒社製か、といった、超音波特性によるメーカーの違いも、かなり私は聞き分けていることが分かりました。

 また、実際に超音波が強すぎて苦しい地点は、迂回するために歩行ルートを変更しなければならず、あるいは同僚との会議・食事会場への集合の際にも、事前に自分のマップを見たりして、かなり苦労しております。

 そこで、宮本氏によれば、「生活上の困難があるのだから、超音波騒音公害として主張してみてもよいのでは?」というアドバイスを受けました。

◆2015年9月22日 超音波フィールドワーク 特別回
「バットディテクター(コウモリ探知機)を用いた池袋・丸の内地区の超音波装置の設置箇所などの探索・特定および岩崎純一代表の超音波知覚の検証のためのフィールドワーク」

●計画書
http://iwasakijunichi.net/choonpa/keikakusho20150922.pdf

●報告書
http://iwasakijunichi.net/choonpa/hokokusho20150922.pdf

 今現在は、宮本氏のほうが、「超音波騒音公害」といった語を使って、この問題をネットで掲載してくださっている状況です。

◆宮本氏のサイト内

●超音波と超音波騒音
http://tokyobat.jp/ultrasonic.htm

●いきもの通信 Vol. 578(2014/5/25) [東京コウモリ探検隊!]バットディテクターを使ってみたら川は超音波に満ちあふれていた
http://ikimonotuusin.com/doc/578.htm

●いきもの通信 Vol. 587(2014/10/12) [東京コウモリ探検隊!]アブラコウモリの超音波を録音してみた。そして長時間録音してみると…
http://ikimonotuusin.com/doc/587.htm

●いきもの通信 Vol. 589(2014/11/23) [東京コウモリ探検隊!]バットディテクターでコウモリ以外の超音波を探してみた
http://ikimonotuusin.com/doc/589.htm

●いきもの通信 Vol. 591(2015/7/12) [東京コウモリ探検隊!]超音波騒音に気付いていますか?
http://ikimonotuusin.com/doc/591.htm

◆私のサイト内の宮本氏との共同研究のページ

●コウモリなどの生態・超音波の研究者との合同調査、岩崎の超音波知覚の検証
http://iwasakijunichi.net/choonpa/bat.html

●超音波発生装置過密地区の散策と迂回路の探索
http://iwasakijunichi.net/choonpa/sansaku.html

●扱っている超音波発生源(装置・機器・物体・その他)、求めている情報
http://iwasakijunichi.net/choonpa/choonpagen.html

 また、今年に入って、ウェブ科学雑誌の「サイエンスニュース」から共感覚や超音波知覚についての取材を受けましたが、その取材を受けた喫茶店でも超音波式ネズミ駆除装置(シー・アイ・シー社製)と思われる超音波が知覚され、結果として以下のような記事を掲載していただきました。

 装置の設置は、そこにネズミがいることを示していますので、普段はあまり店員には質問や説明をしませんが、このときは取材者と共に説明しました。店員は聞こえもせず、装置の存在も知りませんでしたが、ご興味の有無という点では、比較的手応えのある親切な対応を受けました。

●「ネズミ駆除器の音が聞こえる! 超音波知覚者の憂鬱」
(サイエンスニュース、2016年1月25日)
http://sciencenews.co.jp/2016/01/25/post-603/

 そこで問題なのは、「超音波が知覚されない人にとっては、超音波式装置は公害ではなく、知覚者のみにしか通じない極めて主観的な問題で、水俣病やイタイイタイ病などの公害問題とは根本的に異なる」という点だと考えます。つまり、装置の撤去や超音波の音圧の調整についての規制や法的整備などをメーカーや公正取引委員会や消費者庁などに要求する意味そのものがあるのかないのかも、判断に迷うところです。

 ただし、面白いのは、「超音波が動物を撃退する」効果という部分については、政府による有意な検証結果が得られなかったため、いくつかのメーカーが「誇大広告」として景品表示法違反の処分を公正取引委員会や消費者庁から受けている点です。

 ただ、そうは言っても私の場合、宮本氏ほどには、なかなか自分では気分的にまだ「公害」問題として取り上げにくいのが現状です。

 考えられる最も客観的な実験としては、大学などの研究機関所属の音声学・物理学の先生方にフィールドワークを主催していただき、超音波知覚者と多くの学生たちとが一緒に設置ポイントを歩いて回って、「モスキート音(17Hz前後)くらいなら多くの学生にも聞こえること」および「超高周波・超音波は学生にもほぼ聞こえず、何らかの鋭い聴覚や共感覚を持つ人にのみ聞こえること」をデータとして示すことだと考えています。

 また、宮本氏(や私)は、やはり別の仕事を持ちながらの在野の研究家ですので、高額な機材などは持ち得ておらず、バットディテクターが反応しない距離でむしろ私に先に超音波が聞こえ、バットディテクターを音源に近づけるとやっと反応したなど、精度に限界があるようです。

 なお、大変僭越ながら、このメールは、同じくいつもお世話になっている西成活裕先生にも、ほぼ同じ文面でお送りさせていただいております。

 西成先生につきましては、「街中や交通網においてスムーズな人・物・車両の流れを作ることで、無駄な動き、ひいては化石燃料・電力などのパワーの節約になって、結局それは国益に影響する」というような、渋滞学の理念にも関連すると考え、この超音波問題についてメールさせていただきました。また、超音波自体が、粗密波の中でも極めて直進性・指向性の高い粒子の「渋滞」の伝播であるので、飲食店や高層ビル内などの装置の設置箇所では、急に局所的に聞こえてきて、苦痛も急に発生しているのが難点です。装置の設置方向によって超音波騒音を分散させるような細やかな配慮は、どうしても専門家にしかできないと考えます。

 峯松先生につきましては、「超音波装置あるいは超音波そのもの」について音声学的知見において気にとめていただければと考えて、メールしました。例えば、特定企業との結びつきが強い大学や研究機関の場合、むしろ設置されている超音波装置は質が高く、可聴域外の極めて高音域の超音波の発生技術・調整技術を持った国産メーカー製のものが多いようです。一方で、フィールドワークで探索した丸の内や大手町の大企業・政府機関の入るビルでは、かえって競争入札で装置メーカーを決めており、中国製・アジア製・外資系の粗悪な超音波装置が流入しているのではないかと考えています。そのため、マップ上でもこの地域に「超音波騒音」が発生している状況になっています。話題は違いますが、製品自体の粗悪さのために死亡事故を起こしたシンドラーエレベータ(外資系)のエレベータやエスカレータは、日本では政府機関や公共施設に集中して設置されています。それと事情が同じではないかと見ています。このあたりは、両先生に関連がありますが。

 本心としては、そのような大規模実験・フィールドワークをしていただける先生がいらっしゃればありがたいですが、差し当たり、峯松先生にはこの超音波知覚や超音波騒音公害について、ご参考までに念頭に置いていただければありがたく、よろしくお願い申し上げます。

岩崎純一