2016年03月26日

超音波式ネズミ駆除装置と衛生状態・下水道・企業体質との相関関係(ISP 池袋ショッピングパークが24年間で下水道料金4億円不正)

Ikebukuro_shopping_park_entrance_toshima_tokyo_2009.JPG 近々、私の共感覚や超音波知覚についての研究と、超音波知覚者コミュニティ東京の活動の一環で、産業技術総合研究所(AIST)に行き、専門家の方とお話をさせていただくことになっている。今回は、音声学・音饗学方面からのアプローチである。当然、「超音波知覚者コミュニティ東京」のフィールドワーク活動について、とりわけ丸の内・大手町および池袋が超音波装置密集地域である旨を含めて報告させていただく予定である。

●超音波知覚者コミュニティ東京
http://iwasakijunichi.net/choonpa/

●「バットディテクター(コウモリ探知機)を用いた池袋・丸の内地区の超音波装置の設置箇所などの探索・特定および岩崎純一代表の超音波知覚の検証のためのフィールドワーク」
http://iwasaki-j.sblo.jp/article/165547993.html

●コウモリなどの生態・超音波の研究者との合同調査、岩崎の超音波知覚の検証
http://iwasakijunichi.net/choonpa/bat.html


 新興の超音波装置密集地域である池袋については、以前、以下の記事にもまとめていたのであった。

●超音波発生装置のもう一つの牙城 〜池袋の西武・LIBRO・PARCO・西武池袋駅構内〜
http://iwasaki-j.sblo.jp/article/154668379.html


 上の記事では、駅の東側の西武と西側の東武を中心に発展してきた池袋の中で、(堤一族時代からの)旧西武系列企業ばかりに超音波装置が集中的に設置されていることから、設置は同企業体の上意下達による強制的な方針ではないかと私が予想している旨を書いた。

 また、西武以外の現在のセブン&アイホールディングス傘下の企業(セブン-イレブンやイトーヨーカ堂)に装置の設置があまり見られないこと、袂を分かったはずの西武鉄道の駅構内にも装置が設置されていることなどから、設置は両西武系グループ(旧セゾングループ系列やそごう・西武系列と、西武ホールディングスや西武グループ系列)の単独、または、そごう・西武のミレニアムリテイリング時代以前からの単独の方針である可能性が高いとも書いた。

 そして、一年の活動を経た今、コミュニティからの問い合わせに対して、企業側の窓口の女性陣が回答したがらないか、または音声学・物理学の話を理解してもらえないかのどちらかであることに変わりはないが、装置の設置は企業方針であるとの私の確信は高まる一方になっている。

 東武がほとんど超音波式ネズミ駆除装置を設置していないのに対し、西武は天井という天井に大量の装置が、しかも無茶苦茶な向きで節操なく設置されているため、私のような敏感な知覚者が入店できないフロアさえある始末である。ほとんど信じてもらえないのだが、もう西武で買い物などするものかと思う以前に、店の特定の場所にしか入れないのである。(決して西武が嫌いなわけではない。)

 一見すると、西武のほうが洗練されたおしゃれな陳列に見えるが、装置の設置の急増は、当然、その店舗の裏に隠れた搬入口・倉庫におけるネズミやゴキブリの急増を暗示させるのだから、その商業施設の衛生状態が分かる指標になっている。そして、そのこと自体を西武が分かっていないのだろうと思う。

 ただし、今や西武と言っても、セブン&アイ・ホールディングスの傘下にあり、旧西武系列企業のISP 池袋ショッピングパークなども同ホールディングスの連結子会社の道を選んだ。昭和バブル期の旧態依然とした妄想的な巨大商業施設群としての「堤一族の繁栄」は、今や昔だ。少子高齢晩婚化社会におけるコンビニ的ノウハウによる経営という、『ミカドの肖像』を書いた猪瀬直樹もびっくりの時代の流れに、西武も乗ったわけだ。

 ならば、末端のテナントごとの店員の繊細な感性に任せて、店舗のあり方・オリジナル性を許してもよさそうなものだ。かつて「感性の経営」を謳ったのは、セゾングループ自身なのだ。

 西武も東武も、駅を挟んで池袋の発展の中心的役割を担ってきた立派な企業体だが、両者それぞれが残している負の遺産もあるはずなのだ。東武と比較したときの西武に対する私の違和感は、具体的・視覚的には超音波式ネズミ駆除装置などという極めて稀有な視点において見えてはいるけれども、結局は感覚や直観によるもので、何とも断言しがたいのがいつもじれったく思えている。

 そんな中、超音波式ネズミ駆除装置の設置の急増の仕方(つまりは、衛生管理・衛生状態の悪化そのものと言える)が異様だと私が感じてきた西武系列デパートであるISP 池袋ショッピングパークが、24年間に渡って下水道料金4億円を不正に免れていたと、昨日報道された。

●商業施設 下水道料金24年間不正に免れる
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160325/k10010456571000.html


 ISPは井戸水を使用しており、料金はポンプの稼働時間で決まるが、計測装置にブレーカーを勝手に付けて、月に2時間だけスイッチを入れ、実際の3%程度の料金しか払っていなかったとのことである。

 いやはや、組織ぐるみでこのようなほぼ無償での垂れ流し放題のコスト削減をやっているようでは、ネズミが大量発生するのも当たり前だ。あるいは、浮いた4億円で超音波式ネズミ駆除装置を設置し、いかにも衛生管理に熱心であるかのように見せかけていたと思われても仕方がないと思う。到底食料品を扱う企業のやることでないことは確かだ。顧客のみならず、末端で頑張っている店員が怒ってもよいくらいである。今回の件も、どうやら内部告発のようだ。お手柄である。

 しかも、超音波式ネズミ装置の効果自体が以下のように疑われているわけで、皮肉なことながら、設置している企業のオカルト科学信仰レベルまで分かってしまう。まじめに下水道料金を支払い、ネズミの数を減らし、装置の設置自体が不要になる環境を作っていけばよい話ではなかろうか。

●公正取引委員会・消費者庁による法的処分、不良品に関する警告や回収、科学者による警告等
(超音波発生機器製造・販売業者の違法・悪質行為などについて)
http://iwasakijunichi.net/choonpa/iho.html


 私の共感覚や超音波知覚と関係があるかどうかは横に置くとしても、装置の設置状況から当該商業施設の衛生状態・下水状態や企業体質が市民サークルの手によっても推察できるとの見解が間違っていないということだけは、こうしてようやく分かってきた。

 そこで、西武系列企業のデパート(特に池袋地域)の店員で、どなたか超音波知覚者コミュニティ東京に入っていただける方がいないか、探してみたいと考えている。

 表向きは洗練さを見せながら、裏で不正をやっている組織というのは、末端の市民が目にするささいな場所の不潔さなどにその不正が垣間見えるものである。私にとっては、超音波式ネズミ駆除装置の設置がそれであり、そして、自分自身の感覚世界が最大の頼りだ。装置からの超音波は市民全員に聞こえるわけではないので、これまで騒音公害とすることは難しかったが、段々と道筋が見えてきたと言えそうだ。

 最後に、平等に東武に対する要望も述べておくならば、東武は、東京スカイツリーなどの天空都市的な夢を追うのもよいけれども(ツリーは東武の夢だけで建設されたわけではないが)、店舗の見た目の綺麗さと鉄道(特に東上線)の安全性にはもっと金をかけてほしいと思う。

 前者は、見た目だけ綺麗だったことが露呈してしまったISPなどよりはよいだろうが、後者のほうは、十分な資金力があるのだから、古い犬釘や継ぎはぎだらけのレールも、JRや他の私鉄と比べて更新があまりに遅い車輌も、なるべく早く一新してほしいと思う。これらは無論、汗水垂らして働いている保線作業員や整備士のせいではなく、資金の回し方の問題であるだろう。

 特に東上線については、致し方のない人身事故以外の緊急事態(特に安全性に関わる不具合)でもしばしば止まるし、レールと車輌の両方について、突貫工事や整備不良、整備の先延ばしが多いのが大変に気になっている。路線のローカルな雰囲気を残すことと、安全性を犠牲にすることは、全く別物であるはずだ。

 これも私の共感覚や体性感覚、直観像記憶などの全般的な知覚過敏が影響しているのかどうかは分からないが、劣化したレールと劣化した車輌が相互に異様な負荷を与えているだろうし、いつ脱線事故などが起きてもおかしくないと思う。

 少なくとも私にしてみれば、乗り心地(足・尻の感覚や吊り革の揺れ方のおかしさ)だけで突貫工事や整備不良、整備の先延ばしが感じられる路線などあまりない。無論、ここまでなら、私のみが感じ取っている私自身の感覚世界の話でしかないと思われるかもしれないが、事実、鉄道工学関係のサイトや論文を読んでいると、東上線の安全性について疑問視している意見は時々見かける。

 東上線でダイヤの乱れや飛び込み自殺が多い理由には、西武線のように高架ではなく、踏切が多いこともあるとは思うが、何よりもまずはレールや車輌の整備の充実に期待したいと思ってしまう。


【関連するページ・ブログ記事】

●宮本拓海氏(東京コウモリ探検隊!隊長)による超音波騒音に関する情報提供と見解
http://iwasaki-j.sblo.jp/article/154216904.html

●都内超音波スポット報告マップ
http://iwasakijunichi.net/choonpa/spot.html

●超音波発生装置過密地区の散策と迂回路の探索
http://iwasakijunichi.net/choonpa/sansaku.html

●最近の超音波事情
http://iwasakijunichi.net/choonpa/new.html

【画像出典】
●池袋ショッピングパーク(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E8%A2%8B%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF

2016年01月26日

「ネズミ駆除器の音が聞こえる! 超音波知覚者の憂鬱」

「サイエンスニュース」に、超音波知覚者として受けたインタビュー記事が掲載されました。
 本来は、共感覚をメインテーマに取材を受けていましたが、店内でネズミ駆除器からの超音波を察知してしまったため、その場で報告させていただいたところ、この内容でも取材を受けることになりました。

●ネズミ駆除器の音が聞こえる! 超音波知覚者の憂鬱
http://sciencenews.co.jp/2016/01/25/post-603/

2015年12月23日

本年の勉強会・フィールドワークなどの活動報告

「日本共感覚研究会」は、2015年7月末より「岩崎純一の個人交流会・勉強会」の一つとして機能しているため、サイトのアドレスも以下の通り変更となっております。

◆日本共感覚研究会
http://iwasakijunichi.net/jssg/




 本年のサイト関連活動のうち、オフ活動を中心に、以下にまとめましたので、ご参照いただければ幸いです。


【交流会・勉強会全般】

 本年も、回数は少ないながら、勉強会・オフ会を開催しました。ご参加者の皆様には、心より御礼申し上げます。

個人交流会・勉強会 主催の私は、時間的制約はそれほどない一年でしたが、仕事その他に心理的に忙殺されて、なかなか共感覚その他のサイト本来の内容に集中できず、回数は少なくなってしまいました。

 そもそもサイトの内容(共感覚研究、文芸、言語体系考案、新しい人的交流・コミュニティの建設など)そのものを仕事とし、学術的知見の蓄積に邁進できるような状況を構築できれば理想なのですが。

 私のリーダーシップ不足もあり、皆様にはご迷惑をおかけいたしているところです。


【知覚・共感覚関連】

 本年の初頭に、「共感覚記憶データベース」として、新たな共感覚の例を多く掲載しました。これ自体は、楽しいものでした。

岩崎純一の共感覚データベース 文理系双方の研究者からのアプローチは本年もあり、私の共感覚や脳神経系のはたらき、他の霊長類の見ている世界との類似を研究したいとのご要望もございました。

 ただ、やはり共感覚研究の予算を有利にとるための学会などの短期決戦が求められる状況では、このような私の共感覚や膨大なデータベースの研究は、時間がかかってどうしようもないようです。いわく、「岩崎さんの共感覚学術体系が哲学的・芸術的なものとして完成しすぎていて、学者の私たちが手を出せない」上、「何らかの共感覚事業に生かせるようなものとは考えられない」とのことで、残念ながら本年は神経科学系の学者・研究者の意向には合致しませんでした。
(この「共感覚事業」とは、下方の「共感覚イノベーション」関連の話にも関係します。)

 一方で、日本大学藝術学部にゲスト講師として呼ばれ、宮沢賢治や尾崎翠などの日本近代文学における共感覚表現から始まって、共感覚者としての人生全般や哲学について、お話してきました。大変に心地よいものでした。

 また、大学院生・大学生・高校生・中学生・小学生から私の共感覚を学習発表や卒論のテーマに選びたいとのご要望もありました。未成年の場合、学校の先生を通じて書簡で依頼状をいただくこともございました。

 こちらにも全面的に協力はいたしましたし、子供との交流は楽しかったですが、礼儀・コミュニケーション・社会通念上のやりとりという点については、少なからず不満の残る一年でした。

 例えば、中学生・小学生に対して私の共感覚データをPDF添付や画像ファイルのいずれで送信すれば学校の設備・端末や彼らの学習上の都合に合致するかを、担当教員に伺っても、返信がなかったり雑な返答しかないなど、大変に困ったものでした。担当教員には、私と同世代の方々も多いですね。もっとしっかりしていただきたいと、じれったく思いました。

 一方で、「自分も共感覚を公表したいが、岩崎さんは共感覚の公表が親類・職場・友人・知人に知られたときに失う社会的リスクの危険性とどう向き合っているのか」といった悩み相談も、受験生・新卒生などから受けました。こればかりは、毎年のように相談を受けます。

日本共感覚研究会トップ さらに本年は、昨今の危険ドラッグの流行と共感覚との結びつけに悩まされる一年でもありました。

 元々、LSDの服用が共感覚をもたらすなどの知見は知られていますが、日本の危険ドラッグ使用者らが身勝手に、こういった知見から共感覚に興味を示し、私にアプローチしたものと思われます。こういった状況に鑑み、共感覚と覚醒剤・麻薬・危険ドラッグとの関係をクローズアップする目的も兼ねて、これまた私自身が日本共感覚研究会を立ち上げました。

●日本共感覚研究会の調査報告書
http://iwasakijunichi.net/jssg/hokokusho.html

●麻薬・覚醒剤・危険ドラッグ・指定薬物等による共感覚の出現の知見の有無と当該薬物の国際条約及び世界各国・日本国の法令等における扱いとの対応表
http://iwasakijunichi.net/jssg/hokokusho/hokokusho4.pdf

 違法性がある場合、私は容赦なく警察や自治体に通告し、日本の自称共感覚者たちをもどんどん捜査すべきだと勧めています。しかし一方で、良くも悪くも、強烈な共感覚をもたらす成分の詳細までもが、危険ドラッグ使用者の「おかげで」分かってきてしまいました。あくまでも学術的知見として学術目的において、研究会サイトの報告書をご覧下さい。

 それに、「共感覚イノベーション」などの言葉が政府機関や政府系特殊法人の事業計画などで流行していまして、一体それが何なのか、どれほど国費や税金を無駄使いすることになるかを追求するため、以下のような研究も始めました。

●産学官民による「共感覚・知覚・感性」関連事業の2020年東京オリンピック・パラリンピック利権化に対する注視
http://iwasakijunichi.net/jssg/hokokusho/hokokusho6.pdf

 ただし、ここまで書いておきながら言ってしまいますが、私は、日本の共感覚研究は、悲観的な意味で社会的にも時代的にもほぼ終わっているものと考えています。今後の日本で、私利私欲を我慢して本気で取り組む人物が出ない限り、後世に残るような深遠な内容を持った知覚・共感覚研究の知見など出ないと思っています。

 学者・研究者や大学の動向を見る機会は極めて多い方ですが、興味深いことに、共感覚研究でも、共感覚が金になることが確証されないと、共感覚関連の研究室に設備を導入することができないわけです。逆に言えば、共感覚が「共感覚事業」として金になるかのように、上手に国や自治体、大学の運営陣にアピールできている学者・研究者にばかり、優先的に予算が投入されています。悲しいことだと私は思います。

 日本共感覚協会のサイトも閉じられました。


【超音波知覚者コミュニティ東京】

超音波知覚者コミュニティ東京 これも知覚関連コンテンツの一つと言えますが、本年は特に大きな成果がありました。「東京タヌキ探検隊!・東京コウモリ探検隊!」の宮本拓海隊長との共同研究・フィールドワークの実施、およびその報告書については、以下に示した通りです。

●「バットディテクター(コウモリ探知機)を用いた池袋・丸の内地区の超音波装置の設置箇所などの探索・特定および岩崎純一代表の超音波知覚の検証のためのフィールドワーク」
http://iwasaki-j.sblo.jp/article/165547993.html

●ニコニコ学会βの動画が公開(超音波知覚者コミュニティ東京への東京コウモリ探検隊! 宮本拓海隊長のご協力)
http://iwasaki-j.sblo.jp/article/170411436.html

 この報告書については、来年、知覚・共感覚関連でお世話になっている東京大学の音声学・物理学などの諸先生方などにお配りして、予算と学生の投入を促すか、それとも宮本氏のように在野の非専門家としてのシチズン・サイエンス(オープン・サイエンス)の矜持を保ち、このまま私的学術サークルとして進んでいくか、検討する年となるでしょう。

 本年は、丸の内地区に加えて、池袋地区にも、多数の超音波発生機器を発見し、以下のブログ記事を書くに至りました。西武池袋本店のネズミ防除装置の発見から始まった同地区の研究は、セゾン・そごう・西武・西友グループ系列の店舗全体へと広がっています。装置の設置は、各テナントではなく、企業方針であることが分かってきました。

 本店・支店級の代表電話やインフォメーションセンターの窓口の女性の皆様に、装置の設置が企業方針であるかどうかを尋ねてきましたが、超音波知覚への関心どころか、自社の設備についての物理学上の知識を持って応対しているはずがありません。

 ただし、お一人だけから「はい、設置しております・・・。私にも超音波が聞こえてます・・・」との回答を得ました。超音波装置の設置が西武系列企業の方針であるとの完全な確証をとるのは、来年になりそうです。

●超音波発生装置のもう一つの牙城 〜池袋の西武・LIBRO・PARCO・西武池袋駅構内〜
http://iwasaki-j.sblo.jp/article/154668379.html


【言語学・言語体系考案関連】

岩崎式日本語ペディア 岩崎式日本語については、以下の「岩崎式日本語ペディア」を立ち上げ、使用者の多くを占める性被害者施設やDVシェルターの皆様による編集協力を可能にしました。

 岩崎式日本語を中心とする一大文芸体系の創作も、今後いっそう期待できるかと思います。


【精神病理学・精神疾患研究】

 これについては、本年も勉強会メンバーを中心に、各種精神疾患罹患者との交流を深めてきました。解離性障害、PTSD、強迫性障害、不安障害、統合失調症、発達障害、性被害を抱える方々など。

 人生なんてたかが80年ですので、生きている間になるべく多くのタイプの人々の存在を知りたいと思うばかりです。街を歩いたり仕事をしているだけでは、街や仕事に出られるタイプ(一種類)の人たちにしか出会えません。その面白みのなさを超えるのが、私のサイトの最大目的の一つです。

 ところで、昨年と今年は、アメリカ精神医学会がDSM5を発表したことで、世界的な精神疾患の枠組みが変わる過渡期なのです。「アスペルガー症候群」がなくなったり、「障害」が「症」になったり、「症」が「障害」になったりしています。ややこしいものです。

●精神病理学・精神疾患研究
http://iwasakijunichi.net/seishin/


【和歌関連】

 和歌関連については、旧余情会のメンバーが全国てんでばらばらの小規模神社の巫女になったりご結婚されるなどして、私なんかと和歌を嗜んでいる場合ではなくなり、お上品なネット歌会は雲散霧消しつつある状態です。

 私自身の和歌集については、生涯を通じて編纂していく予定ですし、人生のある時期には滞ることがあっても、やめることはないでしょう。

 あるいは、言語・言葉関連の活動は、丸ごと岩崎式日本語・岩崎式言語体系の活動に引っくるめることも考えないといけないのかもしれません。

●和歌・古典
http://iwasakijunichi.net/waka/

●『旧派歌道・歌学の流派・家元・団体の総覧』
http://iwasakijunichi.net/ronbun_ippan/kado.htm

●『新純星余情和歌集』(しんじゆんせいよせいわかしふ)及びその全解釈
http://iwasakijunichi.net/ronbun_ippan/shin_junsei_yosei_wakashu_hyoshi.htm
posted by 岩崎純一 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・挨拶事項